Revolution 130S

JANコード:4582418305671

2,000円(税抜)

購入数

RC用 130サイズ・380サイズ・540サイズのブラシモーター 初期慣らし メンテナンス完全攻略!『Revolution 130S』
ブラシの切削調整が短時間で簡単に行えます!!
痛んだコミュのメンテナンスにも効果的!

化学反応で「ブラシだけ」が削れていきます。研磨材は一切含んでいません。



【使用方法】

■ 準備作業 ■
ボトルをよく振ってからご使用ください。
付属のノズルを容器先端に取り付けてください。
モーター内部を常に確認しながらの作業になります。
ペンライト、ルーペ等のモーターブラシを直接目視する為の用具をご準備ください。
作業内容は、モーター慣らし経験の豊富な方を対象としております。初心者の方は、経験者からアドバイスを受けながら使用して下さい。


付属ノズル装着例

■ 作業工程 ■
追い込み切削
硬いブラシは全面当たりがでてからはなかなか減りません。ストロングタイプ(レッド)を使えば作業時間の短縮になります。

1.レボリューション130S ストロングタイプ(レッド)を1滴塗布し、数秒後にグリーンを塗布する行程を繰り返します。
2.ブラシの削りかすが多く出ますので数回行程を繰り返しましたらクリーナーで洗浄してから作業を続けて下さい。
3.削る量が多い場合モーターは正転、逆転を交互に繰り返して下さい。


ミニッツ用モーターのブラシは硬いため、コミュの方が先に削られてしまいモーターの寿命が短くなる傾向にあります。
 コミュの削れを軽減するために、最初からブラシをより多く削ってブラシ圧を少なくする時に使用して下さい。
 ブラシ厚を減らしてモーターの特性を変えたい時にも有効です。
 レッドは硬いブラシ専用です。作業内容は一例ですので、自己責任で自由にアレンジして下さい。
お使いのモーターチェッカーの特性によって適正な使用電圧が変わってきます。最初は低めの電圧からお試しください。
 540モーターでの、マッチモアモーターマスター系を使用の場合は特に設定電圧にご注意ください。


■ 注意事項 ■
液体ブラシセッターが付着している間は、ブラシが削れていきます!目を離さずに常時ブラシの減り具合をチェックして下さい。
少量でも効果がありますので、液を大量に塗布しないで下さい。削りかすを含んだ液が、軸受メタルに入り込み傷が付く恐れがあります。


■ 備  考 ■
切削作業を無通電で行うと(別モーターとゴム管等で連結)通電時と違った仕上がり具合になります。
熱入れ作業は実走以外に無負荷・高電圧で行うと違った仕上がりになります。
ブラシ厚を最初から一気に減らしたい場合は、熱入れ作業前に済ませたほうが早く削れます。
液体のピュアな状態を保つため、他の液に使ったノズルは使用しないで下さい。
太陽光、蛍光灯からの紫外線により、液の色が退色しますが、性能に影響はありません。
スロットッカー・ミニ四駆のブラシモーターに使用できますが、説明書にありますミニッツモーターとは適切な塗布量が違いますのでご注意ください。
ミニ四駆等の内部を覗ける穴(クーリングホール)が無いモーターは、モーター缶とエンドベルの隙間に上から液を塗布すると、ブラシ板を伝わってコミュまで液が届きます。