Revolution 540M

JANコード:4582418305695

1,200円(税抜)

購入数

RC用 130サイズ・380サイズ・540サイズのブラシモーター 初期慣らし メンテナンス完全攻略!『Revolution 540M』
ブラシの切削調整が短時間で簡単に行えます!!
痛んだコミュのメンテナンスにも効果的!

化学反応で「ブラシだけ」が削れていきます。研磨材は一切含んでいません。



【使用方法】

■ 準備作業 ■
ボトルをよく振ってからご使用ください。
付属のノズルを容器先端に取り付けてください。
モーター内部を常に確認しながらの作業になります。
ペンライト、ルーペ等のモーターブラシを直接目視する為の用具をご準備ください。
作業内容は、モーター慣らし経験の豊富な方を対象としております。初心者の方は、経験者からアドバイスを受けながら使用して下さい。


付属ノズル装着例

■ 作業工程 ■
ブラシメンテナンス・疑似コミュ研磨
(ブラシ交換できる540モーター用の初期慣らし及び、使用後のブラシ、コミュの当たり面を良いコンディションに戻す作業一例です。)

1.モーターを逆回転になるように、電源に接続し低電圧で回します。
2.レボリューション540M(ブルーキャップ)を2〜3滴コミュに塗布し5秒ほど回した後、ブラシコンディショナー(グリーン)を1〜2滴塗布し1分ほど回します。
3.手順2を数回繰り返し、コミュ表面が綺麗になったら、エアーブロー又はパーツクリーナーで洗浄して下さい。
4.正回転で、無負荷もしくは実走でブラシ当たり面を取ったら完了です。

車載の状態でプロポのスロットルトリムを調整し、モーターを回して使用する事も出来ます。(液飛び散り対策要)
ブラシは少しづつ削れていますので、過度の使用にはご注意下さい。作業内容は一例ですので、自己責任で自由にアレンジして下さい。
お使いのモーターチェッカーの特性によって適正な使用電圧が変わってきます。最初は低めの電圧からお試しください。


540モーター(ブラシ交換タイプ)の新品ブラシの当たりを取るのに適度な成分になっています。
また、切削力が弱いのですべてのサイズのモーターの走行後メンテナンスに使用できる万能タイプです。
軽く削った後、導通カーボンが残りモーター効率を上げます。
導通カーボンの定着は短時間ですが、レース序盤のマージンが築けます。

ミニッツモーターの場合4V〜6Vで回しながら540Mを1〜2滴さして10秒ほど経ちますと回転が一気に上がります。
そこで回転を止めてコンディショナー(グリーン)を少しさしてから走行してみてください。パワフルな走行が楽しめます。
(パーツクリーナーで洗浄しませんので、ブラシの消耗が多くなります。過度の使用はご注意下さい。)



■ 注意事項 ■
液体ブラシセッターが付着している間は、ブラシが削れていきます!目を離さずに常時ブラシの減り具合をチェックして下さい。
少量でも効果がありますので、液を大量に塗布しないで下さい。削りかすを含んだ液が、軸受メタルに入り込み傷が付く恐れがあります。


■ 備  考 ■
切削作業を無通電で行うと(別モーターとゴム管等で連結)通電時と違った仕上がり具合になります。
熱入れ作業は実走以外に無負荷・高電圧で行うと違った仕上がりになります。
ブラシ厚を最初から一気に減らしたい場合は、熱入れ作業前に済ませたほうが早く削れます。
液体のピュアな状態を保つため、他の液に使ったノズルは使用しないで下さい。
太陽光、蛍光灯からの紫外線により、液の色が退色しますが、性能に影響はありません。
スロットッカー・ミニ四駆のブラシモーターに使用できますが、説明書にありますミニッツモーターとは適切な塗布量が違いますのでご注意ください。
ミニ四駆等の内部を覗ける穴(クーリングホール)が無いモーターは、モーター缶とエンドベルの隙間に上から液を塗布すると、ブラシ板を伝わってコミュまで液が届きます。